So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

<陸山会土地購入>3容疑者拘置延長 共謀立証に詰めの捜査(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地裁は25日、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕されている同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人について、10日間の拘置延長を認める決定を出した。これにより東京地検特捜部による立証のタイムリミットは2月4日となったが、3人の供述は依然食い違っており、特捜部は詰めの捜査を急いでいる。

 他に逮捕されているのは、同会の会計責任者だった小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)と、石川議員の後任の同会事務担当者で小沢氏の私設秘書だった池田光智容疑者(32)。会計実務上、大久保秘書がトップで、他の2人はその部下に過ぎないため、まず大久保秘書との共謀関係を立証する必要がある。

 これまでの調べなどによると、陸山会は04年10月、小沢氏から手持ち資金4億円を借りて東京都世田谷区の土地購入(約3億5200万円)に充て、07年4月、4億円を小沢氏に返した。逮捕容疑は、石川議員と大久保秘書は共謀して04年の政治資金収支報告書に4億円の収入を記載せず▽池田元秘書は大久保秘書と共謀して07年の収支報告書に4億円の支出を記載しなかった−−などとしている。

 周辺関係者らによると、石川議員と池田元秘書はいずれも容疑を認めた。石川議員は「04年分の虚偽記載について収支報告書提出前、大久保秘書に報告した」と供述。池田元秘書も、収支報告書への虚偽記載を大久保秘書に報告したことを認めているとされる。

 一方、大久保秘書は石川議員からの04年分の報告を否定。05年以降は小沢氏の地元・岩手で主に活動していたため「東京(陸山会)の経理はほとんど知らない。収支報告書への署名も池田元秘書に代筆させていた」と説明し、「4億円返済について池田元秘書から報告を受けた気もするが、記憶があいまいで、はっきりとは覚えていない」などと話しているという。

 公判中の西松建設の違法献金事件で検察側は、会計責任者だった大久保秘書を会計事務の「統括者」と位置づける。今回も同じ陸山会を舞台にしており、石川議員、池田元秘書と、大久保秘書との共謀関係の立証は必須。ある法務・検察幹部は「特捜部はまず足元を見て捜査してほしい」と話している。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:石川議員ら3人、10日間の拘置延長に
小沢事務所:別工事でも受注謝礼要求 年2000万円
小沢幹事長:虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布
小沢幹事長:「陸山会貸付に関する経緯の説明」全文
中国:小沢幹事長聴取を速報 「日本の政治地震」

インプラント再使用問題、問い合わせ150件(読売新聞)
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査(時事通信)
歌手の故浅川マキさん・お別れの会(時事通信)
「リーク」調査報告は捜査終結後 民主・高嶋氏(産経新聞)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)

<ガンブラー>東京芸術劇場のサイト感染 完全復旧まで閉鎖(毎日新聞)

 東京都は21日、東京芸術劇場(豊島区)のチケット申し込みサイトが改ざんされ、コンピューターウイルス「ガンブラー」に感染したと発表した。サイトの閲覧者にも感染する恐れがあるとして、完全に復旧するまでチケットサービスのホームページを閉鎖している。

 都によると、サイトの改ざんが始まったのは昨年12月17日。今月9日には顧客から「チケット予約の途中でエラーメッセージが出る」などの苦情が寄せられ、ウイルスへの感染が判明したため、修復作業を行い、いったん復旧した。しかし、19日にも「ウイルスに感染しているのでは」との指摘が外部からあり、9日に判明したものとは別のファイルに感染が広がっていた。

 ホームページは19日に閉鎖したが、それまでに2万3181件の閲覧があった。同劇場ではサイトの完全復旧まで電話でチケット予約・購入を受け付ける。【市川明代】

【関連ニュース】
ガンブラー:ヤフー運営の占いサイト被害 ウイルスを除去
JR東:HPに不正アクセス、改ざんページで「感染」も
コンピューターウイルス:ハウス食品も「ガンブラー」被害
ガンブラー:被害急増 有害サイトに誘導の新種ウイルス
ガンブラー攻撃

<準天頂衛星>1号機の愛称「みちびき」に JAXAが発表(毎日新聞)
新報道2001 舛添氏「小沢氏は議員辞職すべき」(産経新聞)
菅家さん否認「虚偽と思った」=元検事、謝罪はせず−足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
名護市長選、24日投開票=期日前、前回の1・5倍(時事通信)
小沢氏問題で一様に沈黙守る民主は「異様」(産経新聞)

<加湿器>中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)

 経済産業省と消費者庁は19日、家電製造販売「森田電工」(大阪市浪速区)が中国から輸入・販売した加湿器(型式ML−550MF)から発火する事故が宮城県などで4件あったと発表した。けが人はいない。同社は対象製品約6万台について、リコール(無償交換)を実施する。

 経産省によると、発火事故は03年1件▽07年2件▽09年1件。原因は特定できていないが、内部の基板が激しく焼損していたことから、基板上の電子部品が何らかの理由で異常発熱して発火したとみている。対象製品は99年10月〜03年3月、全国のホームセンターなどで販売された。

 一方、同社は別の加湿器2機種(ML−304T1とKL−3042)でも発煙事故が2件あったとして、8日から対象製品約6万台のリコール(同)を実施している。問い合わせは同社(0120・996・004)。

【関連ニュース】
寒さと乾燥対策に 加湿器、オイルヒーターがトップ10入り
インフルエンザ対策 加湿器が人気
乾燥の季節到来 パーソナル加湿器がランキング入り

現場に指紋…男を再逮捕 南青山の従業員殺害(産経新聞)
<戦艦大和慰霊碑>立て替えず修復 鹿児島・伊仙町が募金窓口に(毎日新聞)
カンザキハナナ 琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)
中3男子、マンションから飛び降り自殺か(読売新聞)
【中医協】先進医療12技術の保険導入を了承(医療介護CBニュース)

【視点】市有地に神社は違憲 新基準 政教分離訴訟どう影響(産経新聞)

 最高裁大法廷が20日、違憲と判断した「空知太(そらちぶと)神社訴訟」。原告側は「全国で2千カ所以上」、砂川市側は「おびただしい数に上り、おそらく数千件」と述べたように、公有地上に神社が存在する例は相当数に上るとみられ、今回の判決は、今後、同種の訴訟が起こされた場合、影響を及ぼすとみられる。

 ただ、大法廷は「宗教的性格を持つ施設でも、歴史的、文化財的な建造物として保護対象となるものや、観光資源や地域親睦(しんぼく)の場など、文化、社会的な価値から公有地に設置されている場合もある」と指摘。公有地に神社があるだけで即座に違憲になるわけではないことを示唆したといえる。

 さらに、最高裁は今回、違憲か合憲かを判断する“ものさし”として、新たに「一般人の評価」などを重視し、総合判断する必要があるとの基準を提示した。

 政教分離をめぐる訴訟では、これまで「行為の目的が宗教的意義を持ち、その効果が宗教に対する援助や圧迫になるかどうか」という「目的効果基準」に照らして、違憲か合憲かが判断されていた。

 新基準が打ち出されたのは、地鎮祭や慰霊祭、公費からの玉ぐし料支出など、「誰の、いつの行為か」を特定して判断されるケースが多かった従来の訴訟と、今回の訴訟が異なっていたからだとみられる。

 空知太神社訴訟では、神社敷地に市有地を無償提供するという状態が長期にわたって“放置”されてきた。問題となる行為の主体や時期の特定が困難で、目的や効果もあいまいなため、目的効果基準を採ることが困難だったといえる。

 今回は空知太神社の実情に即した新基準とはいえ、今後の政教分離をめぐる訴訟でどのように扱われるか注目される。(酒井潤)

【関連記事】
政教分離訴訟 過去の基準は「目的効果」
新基準、政教分離訴訟にどう影響?
神社撤去…信教の自由脅かす 最高裁バランス判断
最高裁は憲法守った 政教分離訴訟で原告会見
公有地に神社は「違憲」 北海道砂川市の政教分離訴訟、最高裁大法廷

大寒 太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
現場に指紋…男を再逮捕 南青山の従業員殺害(産経新聞)
<訃報>大塚雄司さん80歳=元建設相、元自民党衆院議員(毎日新聞)
八ッ場ダム、国交相と住民が24日に初対話(読売新聞)
<南極>日本が初の各国基地査察へ 廃棄物の適正処理などで(毎日新聞)

鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)

 東アジアと中南米の34カ国で構成する「アジア中南米協力フォーラム」の第4回会合が16日午前、都内のホテルで開幕した。鳩山由紀夫首相は冒頭のあいさつで、ハイチの地震災害に触れ、「日本で起きる地震は世界の地震の2割を占め、われわれにはさまざまな経験と教訓がある。ハイチ復興のためできる限り協力する」と述べ、参加各国と協調して支援に全力を挙げる考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

自民 胆沢ダム視察へ(産経新聞)
ライフル弾は「実弾」=小沢幹事長事務所への送付−警視庁(時事通信)
土地探しに小沢氏関与、大久保被告が案内(読売新聞)
<振り込め詐欺>2グループ15人、未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
虚偽の出会い系サイト運営=詐欺容疑で11人逮捕・警視庁(時事通信)

両親連れ、1カ月以上無銭宿泊=「親孝行に見えた」53歳女を逮捕−神奈川県警(時事通信)

 神奈川県鎌倉市の観光ホテルに1カ月以上無銭宿泊したとして、県警鎌倉署は19日、詐欺容疑で住所不定、無職大村順子容疑者(53)を逮捕した。同署によると、「分かっています」などと容疑を認めている。高齢の両親を連れ、療養目的として長期滞在しており、ホテル関係者は「親孝行でほほえましい家族だ」などと認識していたという。
 逮捕容疑は、昨年4月19〜5月24日、鎌倉市の観光ホテルで約160万円の宿泊、飲食代を踏み倒した疑い。
 ホテル側は滞在中に支払いについて尋ねたが、「支払う人間がアメリカにいる。新型インフルエンザの影響で飛行機が飛ばず来られない」などとはぐらかされ、3人は5月25日の朝姿を消した。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
センター試験始まる=55万人が挑む
輸入ワクチン、初の特例承認=欧州2社の新型インフル用
虚偽の出会い系サイト運営=「サクラ」動員

「判定軽度化」93%が是正=再申請者の要介護認定−厚労省(時事通信)
ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
首相動静(1月13日)(時事通信)
地域限定で対策期間=振り込め詐欺で警察庁長官(時事通信)
石川議員「親分の言うことは絶対」(読売新聞)

阪神大震災 防災教育の重要性浮き彫り(産経新聞)

 17日で発生から15年となる阪神大震災について、産経新聞社が被害の大きかった神戸市東灘区と兵庫県西宮市の中学校各1校で3年生全員を対象にアンケートを行ったところ、震災当時から現在の家に住んでいたのは1割前後にとどまることが16日、分かった。一方で、ほとんどの生徒が震災について何らかの話を人から聞いたことがあり、その相手としては家族、次いで学校の先生を挙げた。現在の中学3年生は震災のあった年度に生まれた世代。今後、震災を知らない世代が増えていくなかで、被災経験の語り継ぎに学校が果たす役割の大きさが浮き彫りになった。

 アンケートは昨年12月、被災地でも被害が大きかった神戸市立本山中と西宮市立浜脇中の3年生に用紙を配布して実施。計442人のうち、98.2%に当たる434人から回答があった。震災で、本山中では生徒1人が、浜脇中では6人が犠牲になっている。

 調査結果によると、震災当時、本人や家族が現在と同じ家に住んでいたのは10.6%(本山中9.1%、浜脇中12.4%)。他府県から転居してきた生徒も4分の1近くに上った。

 このためか、震災で家族が亡くなったと回答した生徒は両校とも1%未満。家や家財道具が損壊するなど物的被害を受けた生徒も、43.3%(本山中44.8%、浜脇中41.6%)と半数を下回った。

 しかし、「震災について人から何か話を聞いたことはあるか」という設問に「聞いたことはない」と回答したのは5.5%にとどまり、震災当時住んでいた地域にかかわらず、ほとんどの生徒が震災についての知識を得ていた。

 話を聞いたことがある相手については、「家族」が73.5%で最も多く、「学校の先生」もこれに次ぐ61.1%の生徒が挙げた。「近所の人」は12.4%だった。

 これを震災による物的被害の有無でみると、被害を受けた家庭の生徒の場合、「家族」と回答したのは86.7%で、被害がなかった家庭の生徒の場合の63.8%を大きく上回った。一方、「学校の先生」を挙げた生徒の割合は被害を受けた場合(62.8%)と被害がなかった場合(60.1%)とでほとんど差がなく、特に家族に被災経験者がいない生徒にとって、学校の先生が果たす役割が大きいことをうかがわせる結果になった。

【関連記事】
阪神大震災モニュメント回り追悼サイクリング 神戸
わが街KOBEを守れ 企業独自の防災訓練
「津波って何?」 命・地域を救う「実行力」
震災から15年 5年間の「記憶」明日の被災地へ 神戸映画資料館あすから上映
阪神大震災から15年 通信・放送各社、「震災」意識したサービス提供

証人に裁判官ツッコミ「届出印の保管はそんなに軽いこと?」(産経新聞)
清水建設元作業所長ら書類送検=パイプライン工事爆発−新潟県警(時事通信)
法制局長官を補佐人から除外=「政治家が答弁」−平野官房長官(時事通信)
少女グループ「花魁」の3人逮捕 「集合日に来ない」と後輩暴行容疑(産経新聞)
首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」(産経新聞)

実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)

 小説家、武者小路実篤(1885〜1976年)の本、絵、書などを所蔵する実篤記念館(東京都調布市)では毎年好評のバレンタイン限定チョコレートを販売する。

 今年のチョコはカボチャのパウダーを練り込んだホワイトチョコと定番のミルクチョコを詰め合わせ、南瓜の絵と実篤が好んで書いた文字をあしらった平たい箱に詰めた。1個550円で23日から販売予定。バレンタインデー直前は販売が集中するため、20日から予約を受け付ける。先着100個で締め切る。【問】実篤記念館(電)03・3326・0648。

雑記帳 「聖地」で恋活パーティー 香川・宇多津町(毎日新聞)
「献金先との交渉はすべて西松で…」 新政研代表の調書朗読(産経新聞)
11都府県が接種開始=新型ワクチン、健康成人に−厚労省(時事通信)
センター試験 あすスタート(産経新聞)
災害援護資金、自己破産の連帯保証人を免責 神戸地裁支部判決(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。